【夫婦喧嘩】家出したい!そのメリットや注意点を徹底解説します

2.夫婦トラブル解消
スポンサーリンク

夫婦喧嘩をしてしまった時、「もう、顔も見たくない」と家を飛び出したくなりますよね。
また、自分の主張(怒り)を相手に分からせる為の手段として、家出を選ぶこともあります。

・夫婦喧嘩して家出したい!問題はある?
・家出する時の行先は?その他、注意点はある?

この記事を読むと、

◆夫婦喧嘩で家出する事の良い点、悪い点、その理由が分かります
◆家出した後の行先や家出中の注意点が分かります

世間一般の優しい夫婦喧嘩とは異なり、警察沙汰にも発展したこともある、「自他ともに認める夫婦喧嘩のエキスパート」です。
もちろん、家出も何度も行っており、家出の経験値も溜まってきております。
その為、家出の効率、効果的な方法が分かってきました。

※夫婦喧嘩を子供の前で避ける方法はこちら

スポンサーリンク

夫婦喧嘩で家出をすることは良い?悪い?

メリット①:児童虐待を避けられる

子供の前での夫婦喧嘩は児童虐待にあたります。物理的に距離が離れることによって夫婦喧嘩による児童虐待を避けれます。
自分の家では、夫婦喧嘩のストッパーが効かなくなる事があり、激しくなる一方。
その時に、家出すると、当たり前ですがリアルな夫婦喧嘩はなくなり、子供にとっては平穏な日々が取り戻せます。
「夫婦喧嘩して片方が家出している方が、子供の心に傷が付くのでは?」と思われている方、人によるかもしれませんが、目の前での怒号が飛び交うよりは、確実に「マシ」です。
その為、子供への影響という点で家出はメリットです

メリット②:傷害事件に発展しない

傷害事件に発展しません。
夫婦喧嘩がヒートアップしますと、手が出てしまう可能性が出てきます。そして、手が出てしまったら最後、殴った方が圧倒的に不利になります。不利な条件で離婚、最悪は逮捕・・・・と良いことはありません。
また、DVでっちあげのように、離婚を有利に進める為に、あえて殴らせる方向にもっていくという恐ろしいテクニックも・・・
家出すると、100%傷害事件は発生しません。このDVのリスクを完璧にヘッジできます。
自分の家では妻からの暴力が激しく、それの緊急避難先として家出する事が多いです。物理的に離れることで当たり前ですが、暴力からは逃げれます。
家出しても帰宅したら、また夫婦喧嘩になり、いつかは殴り合いも起こるのでは?と思われている方、仰る通りです。
その為、夫婦喧嘩の火種が完全に消えるまでは家に帰る事は避けてください

メリット③:相手に怒りの正当性を訴えれる

相手に怒りの正当性を訴えれます。
夫婦喧嘩には自分がどれだけ怒っているかを、怒鳴り声、物にあたる、殴る、無視等によって相手に訴える事が多いと思います。
その怒りを訴える手段の1つとして家出があります。これは結構、強力なランクで、どれだけ怒っているか表現するには強いです。
家出すると、相手としても「悪かった」という精神が芽生え、向こうが折れてくれることも多いです。
自分の家でも、家出すると、感情のままの怒鳴り合いから、比較的落ち着いて「何が相手をそんなに怒らせたのか」を話し合い、謝罪し合うことが多いです。
何回も家出したら効果薄れるんじゃない?という方、確かに、インパクトは薄れますが、それは他の手段(怒鳴る、無視等)も同じであり、その中では家出のインパクトは大きいままです。そして、怒りの正当性を物理的な距離を開ける事で冷静に訴えることが出来ます。
怒りの正当性を訴えるには良い手段です

メリット④:久々の一人暮らしを謳歌できる

久々の一人暮らしを謳歌できます。
行きたかった場所、食べたかったもの、見たかったもの、家族がいると自由な行動が制限されて実現が難しかったものが出来るようになります。
自分は、大人向けの映画を見たり、1円パチンコに入り浸ったり、少し高級なレストランで食事をしたりします。
金が掛かるじゃないか、という方、確かに金は掛かります。
唯、「女性がいるお店」を避ければ、大人一人が楽しむのには、そんなにお金が掛かりません。
お財布と相談しつつ、せっかくの一人暮らし、楽しみましょう!
これが、家出の精神衛生上も良いです。

デメリット①:ひたすら寂しい

家族に囲まれていたのに、急に一人に・・・しかも出張ではなく、終わりが分からない喧嘩別れですので、ひたすら寂しいです。
自分は、なぜか、昔の写真なんかを眺めてしまい、涙が出てくることもしばしば・・
そして、ひたすら、家出したことの正当性、楽しいことを思い浮かべ、夜はテレビを付けっ放しで寝ます。

じゃあ、戻れば?となりますが、火種がくすぶっている以上、また大ゲンカに発展するのが目に見えてますので、我慢、我慢です。

この寂しいのが一番堪えます。。。

デメリット②:金が掛かる

金が掛かります。
一番は、ホテル代です。これは、家出しなければ掛からない費用ですからね。
また、着替えなどを追加で買い足すこともあり、こちらも金が掛かります。

実家や友達の家に行けば?と思われるかもしれません。後述しますが、今後の人間関係に影響を与えますので、できるだけ自己完結、つまりホテルで過ごすことが結果的に良い方向に運ぶことが多いと思います。

唯、そうすると、金が掛かります・・・

※安いホテルを多数揃えている網羅性や操作性から楽天トラベルでホテル探しをしてます。
ホテル探しというストレスを少しでも抑える為、値段、口コミ、件数等が揃っている大手で探すのが結局一番ストレスレスです。

デメリット③:滞在地の不自由さ

滞在地の不自由さがあります。
出張と違い、いつ終わるのか、が明確ではない為、ホテルも連泊指定が出来ません。
その為、たくさんの荷物をもってホテルを転々としないといけません。
仕事もあるので、職場にも重い荷物を持っていくなど、非常に面倒です。
また、住まいが安定していないと、精神的にも落ち着かず不安定になります。
自分は小刻みに場所を転々としてますが、その度に、荷物を整理して・・・等ストレスが非常に溜まります。

どこかウィークリーマンションでも借りれば?と思うかもしれませんが、いつ帰宅するか分からない為、契約期間が非常に難しく、無駄な契約も生じてしまいます。

この滞在地の不自由さもデメリットです

家出の心得3選

①酒は飲むな!!

寂しさ、ストレスから酒を飲むと、ドツボにハマります。
飲酒量が増え、翌日のパフォーマンスが落ち、更に飲酒量が増える悪魔のスパイラルに陥る可能性があります。

自分は寂しさで寝れなくても酒を飲んで寝付く事はしません
「酒を飲まず寝れずに徹夜明け」と「多めの酒を飲んで無理やり寝た日」とは翌日のパフォーマンスが大して変わらないから
また、酒を飲まずに徹夜した場合、翌日は大体気持ちよく寝れます。

家出の時の唯一の楽しみが酒なんだ、という方、気持ちは分かります。唯、この寂しさを紛らわせる酒は本当に依存しますので、休日前等、週に1~2回程度に押さえたほうが良いです。

※節酒に対する記事はこちら

②火消が終わるまで家に帰るな!!

夫婦喧嘩の火種がくすぶっているいる状況では絶対帰ってはいけません。
すぐに、夫婦喧嘩が勃発するのが目に見えてますから。
必ず、夫婦が納得する形を取り、ケジメを付けて(謝罪等)、そこから帰りましょう。

自分はLINEで夫婦喧嘩の原因を確認、そして今後の行動への変化等をきっちり決めてから帰ります。そうすると、帰った後に直ぐに勃発することはありません。

相手が強情で火種を消すのに時間が掛かるという方、「急がば回れ」です。
火消が終わる前に帰宅して、再度、夫婦喧嘩して、家出するくらいならば、じっと待ちましょう。
繰り返し、夫婦喧嘩してしまえば、せっかく家出した意味が無くなってしまいますから・・・

③周囲を巻き込むな!

家出にあたり周囲を巻き込まない方が良いです。
つまり、宿泊先として、実家、友達の家等にはいかない方が良いです。
なぜなら、その後の人間関係に影響を与えるから。
実家であれば、親の心配を受け、今後一生、妻に偏見の目が向けられます
友達であれば、好奇の目で見られ、他人に広まる可能性があります。
自分は実家や友達の家に行ったこともありますが、その後、会う度に心配され、正直、面倒(すみません)な状況です。

ホテルはお金が掛かるし、寂しいし、という方、その通りですので100%止めることはしませんが、上記、今後の影響を冷静に考えてから行先を判断しても良いと思います。

結果的に、自分たちで完結する事が出来るホテルが行先として一番良かったです

結論

夫婦喧嘩による家出、メリット、デメリット等を整理してきましたが、子供がいて、夫婦喧嘩がエスカレートしそうであれば、家出をおススメします。
今まで、家出せずに粘ったこともありましたが、確実に家出した方が、夫婦喧嘩の収まりがよく、また、精神衛生上も良いことが判明しております。

そして、せっかくの家出、楽しもう!という心意気も大事ですよ!
以上、参考まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました