【実際に休職して分かった】鬱で休職した時のデメリット3選

仕事関係
スポンサーリンク

どうもコンタカです。
皆さん、仕事で追い込まれていませんか?

仕事で精神的に追い込まれていて休職が頭をよぎる

実体験を通して休職をしたデメリットを教えてほしい

この記事を読むと

鬱で休職を経験して分かったデメリット3選

が分かります。

自分は、新卒入社勤続7年目で「激務パワハラ部署」により「睡眠障害」「アルコール依存症」に陥り、仕事がどんどん回らなくなりました。仕事の失敗を繰り返し、「鬱よりの適応障害」の診断。3か月近い休職。その後、綱渡りではあるものの、再発せず5年以上経過。既婚子持ちです。

スポンサーリンク

デメリット1:休職中は周りに迷惑を掛けている罪悪感が凄い

休職中、周りに迷惑を掛けている罪悪感が凄いです

仕事で病んでいる人の職場は大概が激務の職場だと思います。
その職場で一人抜けるわけですから、周りの人への負担が更に増します。
自分だけ、家でゆっくりしていると、「申し訳ない」という気持ちで苦しみます。

自分は6人の部署でしたが、前触れもなく自分が抜けました。
詳細は聞いていないですが、自分の業務を代わりにやって頂いた方は、相当の業務量だったと聞いています。
家にいても、本当の意味でゆっくりできず、この事が心のどこかに常に引っかかってしまっていました。
「みんなと同じ業務だったのに、自分がダメで申し訳ない、申し訳ない」と考えていました。
この精神の不安定は、鬱で休職自体のデメリットですね
例えば、産休等の予め予定されていた休職とは全く違います
「病気で仕方ないんだから気にすることないよ、ゆっくり休めよ」と思う方がいらっしゃるかと思いますが、なかなか普通の人で、そのような考えが出来る人は少ないのでは?。
また、周囲の人がどう考えているかは分かりません。
この罪悪感は休職する際のデメリットと考えておいてください

デメリット2:職場復帰してもコンプレックスとして残り続ける

職場復帰しても鬱で休職したことがコンプレックスとして残り続けます

明るく振舞っていても、「あいつは普通ではないから」と思われていそうという気持ち。
また、会社から期待されていないのでは?という気持ちも5年以上経ってもまだあります。
特に、後輩などに指導していると、どこかで「あいつ、あー言っても昔、激務が耐え切れず休職したらしいぞ」と言われてそうで・・・
鬱は甘えと思っている人も一定数いて、「あいつは自分に甘い奴だ」と思われてそうで・・・
それが、ずっと気になっています。

あの時、もう少し頑張っておけばこのような思いはしないで済むのに・・・と
たまに考える事がありますが、まあ仕方ないですよね。

「周りは自分が考えているほど、気にしていないよ~」とよく言います。
確かに、その通りだと思います。

唯、今までレールに乗って歩んできた人生。このように精神を病んでリタイヤした経験は負の歴史として、自分の中で生き続けます

5年経過すると、さすがにコンプレックスも少なくってきますが、唯、今後も含めて消えることはないでしょう。

デメリット3:必ず初日が来る

会社を辞めない限り、いつかは休職後の「初日」がきます

この初日が辛いです。
・休職前の精神的に追い詰められて死にそうな顔をしていた自分
・突然休職して、周囲に多大な負担をかけてしまった自分
周りは「どの面下げて、職場に復帰するんだろう」と興味津々に見つめてくる日

新卒で初めて会社に行くより緊張しました。

新卒で入社して挨拶するのはある意味儀式ですが、休職から復帰して挨拶するのは、儀式ではなく、完全なイレギュラーですからね。

「辛いのは初日だけでしょ?」とおっしゃる方、そうなんです。
辛いのは初日だけで、初日特有の辛さは2日目からは一切ありません。

唯、この初日が辛いのは事実で、この初日をどう過ごそうか、というのは休職中も悩みの種です。

これもデメリットです。

参考:家にいる事で家族間でのトラブルは?

今まで職場に行っていたにも関わらず、平日にダラダラ家にいると、妻の目からはイライラが起こり、トラブル・・・なんて声も聞こえてきますが、これはそこまでデメリットに感じませんでした。

基本的に休職中は大人しくしてますから、そこまで家族間トラブルは発生しませんでした。
妻とは激しい喧嘩を繰り返してますが、共通の敵(会社)があったことで、この間はむしろ平和だった気がします。
唯、これは家族との関係によりますので、万人が当てはまる事ではないでしょう。

まとめ

以上がデメリットです。

この経験をしているお蔭で、仕事では人の気持ちが分かるようになりました。
相手が辛そうな時に、声を掛けたり、言い方を気を付けたりというのが他の人に比べて出来るようになったと思います。

また、これを読むと休職を思いとどまる方もいると思いますが、本当に辛い時はマジで逃げ出してください。

昔ほど、組織に所属することにアドバンテージがなくなり、個人で生き抜くには良い時代になってきたと思います。
その為、何が何でもしがみつくという発想は卒業してしまって良いと思います

本当に追い込まれたら、こんなもんも使ってさくっとやめても良いですね。

行方不明届を出されない為です。最後の最後に行く前には本気で検討してみてくだい

転職サイトも今の時代、普通になってますよね~

以上、鬱で休職した時のデメリットでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました